ファンレター

今まで200通書いた、私のファンレターの書き方【コツや注意点まとめ】

ファンレター。

LINEやTwitterのリプライのような短いデジタルコミュニケーションが主流な今の時代。
書き始めてみたものの、何を書こうか迷って手が止まったこともあるのではないでしょうか。

私も最初はそうでした。(;;)

しかし、音楽を好きになって5年ほど経ち、書いたファンレターは200通以上。

今では出演テレビを見たり、新曲のCDを聞いたりするだけで
「こうやって手紙に感想を書こうかな〜」と自然に文章のフレーズが浮かんできます。

イベントで、相手から手紙に書いた内容について話しかけて頂いたこともあります。
相手に認知されていることも関係してきますが、あのときは本当に幸せでした〜!!

大好きなあの人に想いが届く、ファンレターの書き方のコツについて紹介していきます😊💓

ファンレターを書くのにオススメなタイミング

ファンレターを書くにあたって、心配なことの1つが「書く内容があるかな?便箋1枚書ききれるかな?」ということ。

そんなときにオススメなタイミングが、次のようなとき。

  • 相手への想いがあふれたとき
  • 相手の誕生日や記念日
  • ライブ・イベントの前
  • ライブ・イベントのあと

書く内容があるのでファンレター初心者でも書きやすいですよ。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
関連記事:ファンレターを書くのにオススメなタイミング【ライブ当日や誕生日】

ファンレターを書くときの心がまえ

これ、一番大事!

字が下手でも文章がまとまらなくても、気持ちがこもっていれば相手は喜んでくれるものと私は考えています😌

具体的にはこんな感じのことを意識しています。

  • 想いがフレッシュなうちに書く
  • 誰に読まれてもいい内容を書く
  • 謙虚な姿勢を忘れない
  • 否定形は使わない

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
関連記事:ファンレターを書くときの心構え。読んでもらう感謝の気持ちを忘れないで

実際にファンレターを書いてみよう

まずはファンレターを書くための道具を揃える

家にある適当なレターセットでももちろんファンレターは書けます。

でも、せっかく大好きなあの人が手にしてくれるんです。
とっておきのお気に入りを使いたくありませんか?💓

下のどちらかを探すと見つけやすいです。

  • 自分の好きなデザイン
  • 相手が好きそうなデザイン

便箋を埋める自信がないという初心者さんは、グリーティングカードやポストカードもオススメです。
サクッと読めるので、相手の方も手に取りやすいはず。

ペンも、カラフルすぎたり太すぎたりするものではなく、
書きやすく読みやすいものの方がお互いストレスがありません。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
関連記事:道具を適切に選んで、相手の目にとまるファンレターを送ろう

ファンレターがスラスラ書けるようになる下書き方法とは

道具が揃ったら、せっかくなのですぐに書き始めましょう!

書き始めても、何を書いていいかわからずペンが止まっちゃうこと、あります。
そんなときは裏紙やスマホのメモに、まずは順番関係なく書きたいことを箇条書きしましょう。
後から順番をつけていき、それを文章にしていくとスムーズですよ💓

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
関連記事:もうペンを止まらせない!ファンレターがスラスラ書ける下書き方法とは

書き始めや改行は?迷いがちな部分について

迷ってペンが止まりやすい部分についてまとめてこちらで解説します!
何通か書いてるとマイルールができてくるものですが、慣れないうちは手が止まりがち。

私が書いているときはこんな風に書いていますというのを紹介します。
もし迷ったら参考にしてみてね😊 丸パクリして大丈夫です。

言葉遣い

年下だろうと年上だろうと、どんなにフレンドリーな人だろうと、敬語です。
相手へのリスペクトは忘れないようにしましょ!

感情がより伝わるように、たまに絵文字や顔文字、記号(!や♪など)を使ってます。

相手の呼び方

だいたい「○○さん」。

ただし、「○○ちゃん」が通称の人は「○○ちゃん」というように、
自分にも相手にも慣れ親しんだ呼び方がある場合はそれを使っています!

内容

私がいつも書いている内容はこんな感じ。
だいたいこの順番になるように書いています。
場合によって、どれかが抜けることもあります。

  1. 書き始めの言葉
  2. 今日はお互い楽しみましょうという意気込み※イベント当日に渡す手紙の場合
  3. 最近の活動(ライブや新曲など)に対する感想
  4. 最近あった身の回りのできごと
  5. 次回の活動に対する応援や意気込み
  6. 書き終わりの言葉

「③前回の活動(ライブや新曲など)に対する感想」は複数あるときは複数書いてます。
ブログの感想や誕生日のお祝いもここに入ります。

「④最近あった身の周りのできごと」はこっちの人柄も伝わるかな?と思って
相手が興味持ってくれそうなことなら書いちゃってます😊

  • 曲を聴いて就活頑張りました!春からこんな仕事をします
  • ○○さんが好きなゲーム、私もやってます!最近レアアイテムをGETできました

量が多くなりすぎないよう、サラッと書くのがポイント。

先ほど相手からファンレターに書いたことについて話しかけてもらえたと書きましたが、
そのときはこの「④最近あった身の周りのできごと」について話しかけてもらいました。

ダラダラ書くのはよくないけど、相手が喜んでくれそうな内容なら
他の人からのファンレターとの差別化になるのでは?と思ってます。

書き始めの言葉

1番最初に出したい話題と繋がるように書き始めると楽です。

☆☆さんへ

①「こんにちは!○○です。△△についての感想などをお伝えしたいと思い手紙を書かせて頂きます。」
②「こんにちは!○○です。今日は□□のイベントということで、ずっとこの日を楽しみにしていました!」
③「こんにちは!○○です。最近寒くなってきましたが、いかがお過ごしですか?私はこの前風邪を引いちゃいました(汗)ところで〜」 …etc

私はだいたい郵送のときは①、イベント会場でプレゼントBOXに入れるときは②です。

書き終わりの言葉もそうですが、迷ったときは③の季節の話題を出すと書きやすいですね!

あと、最初の頃は「○○です」と名乗るのも厚かましく感じたので、
細かいですが「○○と言います」「○○と申します」と書いていました!

書き終わりの言葉

前にどんな話をしていたとしても切り替えられる「それでは」が便利!!

「それでは、ここまで読んでくれてありがとうございました。繰り返しになりますがこの前の△△本当に良かったです!」
「それでは、ここまで長々とすみません。次にお会いできる機会を楽しみにしています!」
「それでは、暑い日が続いているので体調にはお気をつけてくださいね。大好きです!」 …etc

20XX.XX.XX ○○より

日付も必ず書くようにしています。
というのも、郵送だと本人の手に届くまで時差がありますよね。
プレゼントBOXでもツアーが終わってからまとめて読むという方もいるはずです。
というわけで、いつ書いたのか分かるようにしています😊

量や枚数について

便箋の長さにもよるので一概には言えませんが、私はだいたい2〜5枚くらいです。
2枚が理想なんですが書いているうちに書きたいことがいっぱい…😂

2、3枚になったら「ここまで読んでくれてありがとうございます」、
4枚超えたら「長くなってしまいすみません」的な一言を入れるようにしています。

短い方がサクっと読んでもらえるので、
ポストカードやグリーティングカードも良いかと。

でも、枚数が多くなるのも悪いことではないと思いますよ。
それだけ伝えたい想いがあるということですよね♡

ファンレターの宛先と差出人はどうする?

地味に「これで良いのか…?汗」ってなるのが、宛先や差出人の記入方法。

あくまで私のやり方なのですが

  • 郵送なら宛先も差出人も普通の郵便物と同じように
  • プレゼントボックスなら宛先も差出人も名前のみ分かりやすく

という感じです!

ただ、プレゼントボックスのときに自分の住所まで書く方もいらっしゃいます。
相手の性格なんかを考えつつ、お好みで大丈夫だと思います。

また、宛先の住所や相手の名前は特に間違えないように特に丁寧に書きましょう。
失礼になるどころか、相手の方からすると少し残念な印象になります😂

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
関連記事:もう迷わない、ファンレターの宛先・差出人の書き方とは

 

まとめ:相手を想って書いたファンレターは、気持ちが届く

ファンレターを書くとき、色々迷う場面があると思います。

これってどうすればいいんだ…?
これ書いちゃっていいのかな…?

そんなときは相手が届いたときにどう感じるか?を基準にしていれば
それとなく答えが出てくるはず。

相手に喜んでもらいたい、日頃の想いを伝えたい。

そう願って書いたファンレターは、きっと想いが届きますよ💓

 

おまけ:内容を見返せるように残しておくと楽しいよ

余談ですが、ファンレターを書いたら封筒に入れる前に便箋を写メって何を書いたか残しています!
そしてたま〜に読み返したりしています😌

正直自分が書いた手紙を読むのは恥ずかしいです。
しかし、それでも当時の自分が想っていたことを見返すと
こんなこと思ってたな〜!とか、こんな出来事あったな〜!と、
初心に帰れたり愛が深まったりします😊

ファン友達に記録を残していると話すと恥ずかしくてそんなことできない!と言われたので、
もちろん強制はしませんが、個人的に内容を手元に残しておくのオススメです。